--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
06.04

息子目線で

学校へ行かない!と意思表示したことで
今日は「教育相談」という機会を利用して、担任の先生と懇談を持ちました
メインテーマは「息子のわかり方、とらえ方」

そのうちのひとつ『呼び名』

先週から、ずっと学校へ送っていってて、わかったことで
新しい学校になって
先生方によって、息子への声かけの呼び名がちがい5種類もあると判明

どれも、それぞれの先生がそれぞれの属性から親しみを込めて
あるいは青年であると尊重して、呼んでくださっていたようですが・・・

なんとなしに自分を呼ばれているとわかっていないか、実感が持ちにくい様子
大人サイドが思う呼び方でなくて、
息子がわかる呼び名に絞ってもらうこと、お願いしました

サポートブックの記載や引継ぎ文書があっても、紙の上
息子の認知の仕方について、
大人サイドが実感体感をともなう情報共有ができていなかったと反省(; ;)
トラックバックURL
http://prismmemory.blog62.fc2.com/tb.php/1023-9a1a1a06
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。