--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006
08.20

もういいかい? ・・・もういいよ

Category: 映画
2本目のDVDは冬に公開されてた「ハイド・アンド・シーク」
ダコタ・ファニングが暗い役をやるので、話題になっていましたね

▼「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」日本語公式サイト
dakota.jpg

ネタばれするとおもしろくなくなる映画なので内容に触れませんが・・・
脇役の意味のない「意味深な思わせぶり」が映画を安っぽくしてます
サイコサスペンスを好んで観る方ならすぐに仕掛けと犯人がわかるでしょう
結末が「劇場公開版」と「別の結末」のふたつ用意されています
「劇場公開版」の方は最後に象徴的な絵が出てきます
‘当事者の自己認知上‘どうなのかしら?と疑問を感じました
それでいっきに醒めてしまいました

「別の結末」の方がリアリティーがあり観るものを
恐怖へより深く突き落としたのになと想いました~・・・今日もちょっと辛口
でも、ダコタ・ファニングはすごいね~うまかったです♪

『もうひとつ別なら、’第6感’を凌げたかも・・・』

◆今日の誕生花◆マリーゴールド<常にかわいらしい>
marigold.jpg

◆えいごたいむ◆No child knows how dear he is to his parents .
   <親の心,子知らず >・・・というけれど、逆もいえるよな~
トラックバックURL
http://prismmemory.blog62.fc2.com/tb.php/135-606fcec3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。