--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006
12.15

劇団四季ミュージカル「王子とこじき」

12月11日、月曜日ですが学校は代休日で休校
日産労連NPOセンターゆうらいふ21さんのご招待で
息子とふたりでミュージカル鑑賞してきました
子供向けですが2幕構成の本格的なミュージカルです
もう4年目になります

1年目=1幕目途中で爆睡しはじめる・・そのまま終了~
2年目=遅刻してしまい入ろうと、ドアをあけたら
     黒いカーテンがひかれていて客席が見えず、
     ぎゃ~~~~っとこわがって入るのを嫌がりました
     それで、そのまま観ないで帰りました
3年目=1幕が終わると「おしまいや!帰る!」・・・と頑固にアピール
     しかたなく帰りました

で、今年は事前に段取りをば!
▼頂く事前資料は↓これだけ


bo-yaさんのたびのしおり作成ソフトで「しおり」を作成~ネットから写真をダウンロード
061211_1219~01.jpg

↓ホールに入ってから「車椅子を降りて座席で15分待つ」
061211_1219~02.jpg

↓20分の休憩おやつOK!~その後もう1回あることを伝える
061211_1219~03.jpg


予定を伝えて、むすこがしおりを持って出発!
▼始まる前、15分座席に座って待つ
061211_1354~01.jpg

タイムタイマーももちろん持参です
余裕な感じで待っておりました
幕間もタイムタイマーさまさまでした
iPodも聴いて、感覚グッズのタオルを手に持って、おやつ食べて20分
見通しがあるので休憩モードから観劇モードに切り替えもスムーズでした
そして2幕目!今年はじめて楽しみました~♪


さて、しおりを作った時に想ったこと
「わかって、自分の行動を決めてくれたらいい」ということ
2幕目があることがわかった上で
別にいやなら途中で帰ってももちろんOKです

去年は2幕目があることを私が適切に伝えていなかったから
わからなくて帰ったのかもしれません

終了後、息子は「トイレ」を飛ばして「車」を指差し
でも、私が行きたかったので
しおりのトイレシンボルを指差しすると私の手を軽く払いのけて拒否!
もう一度、車を指差し
さらに交渉!
「お母さん、トイレ~Kちゃんは待つ」と
マカトンサインも交えてやり取りしてると
学生ボランティアさんがうしろから声をかけてくれました

「ボク、お子さん見ときますよ」

ありがたい一言!助かりました~うれしかったです♪

シンボルなど「見てわかる」ものでやり取りしてると
第3者の人にも話題が伝わりやすい
先日、小児科でも「注射終わったら、マクドいくんか?ええな~Kちゃん」と
看護士さんは私を介さず、直接息子に話しかけられ
息子もマクドをトントン指差しして返事らしき反応をしていました

息子はノンバーバルです
写真やシンボルのカードだけじゃなく
実物、態度や表情、視線、
クレーン行動、手・指差し、ジェスチャー・サイン、VOCAなど
コミュニケーションに使えるものは総動員して
もっとやり取りを楽しみたいなと想う今日この頃です~

外見や肩書きにだまされないで、真実をはっきり言おう
「王子とこじき」からのメッセージはシンプルだった
そしてもう一つ
違う立場に立てばもう一つの真実が見えてくる

『感激の観劇♪』

◆今日の誕生花◆ファレノプシス<幸福が飛んでくる>
kotyouran.gif

トラックバックURL
http://prismmemory.blog62.fc2.com/tb.php/257-fefd024b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。