--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007
03.22

最重度知的障がいの子どもの居場所/重複障がいの子どもの居場所

Category: ☆Plash
先日行われたプリズム講演会で
息子の遊びクラブ「ぷらっしゅ」をちょこっとPRしました
アクセスさんのブースに掲示していただきました~ありがとうございました♪

息子が幼児期に通っていた通園施設には
肢体不自由児のための第1園(母子通園)と
知的障がい児のための第2園(母子分離)が同じ敷地にありました
息子は入園当時歩行してなかったけれど、
その年度の都合で第2園に措置されました

第1園に通うが、医療的ケアはなく知的障がいを併せ持ち、歩行獲得前後の子ども
第2園に通うが、最重度の知的障がいと身体障がいや病弱を併せ持ち、
歩行獲得前後の子ども
どちらの園でも、保育室に居づらい少数派の子どもたちがいました

「この子たちに過ごしやすい時間とお部屋があればいいな」

年少の終わりごろ、お願いしたら
翌年度、第1園と第2園の混合クラスが出来ました!
そのクラスの名前は「ペンギン」
ここで、息子はマイペースにゆったり過ごしてきました

このクラスで出会ったお友達が、今も仲間のひとり
ぷらっしゅのメンバーは
知的障がいの学校に通う自閉、身体の重複障がいの子どもと
肢体不自由の学校に通う自閉、知的の重複障がいの子ども

▼で、「ぷらっしゅ」のロゴはペンギンに♪
KC350006001.jpg

息子が「ペンギン」に居たころから、ずっと持ってる想い
最初に付いた制度上の障害名だけにとらわれると、子どもがしんどいなってこと

『ニーズありきでよろしく~!』

◆今日の誕生花◆レンギョウ<希望>
0322.jpg

トラックバックURL
http://prismmemory.blog62.fc2.com/tb.php/298-3991deb2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。