--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007
06.23

驚きのインソール~完成!

ダウン症のある子に多い「外反足」
立つと足の裏がきれいに床につかず、外側があがってしまう
息子は足の裏がとても過敏で床につかない
かなり反り返っていました

外反母趾やX脚への影響があるので
赤ちゃんの時から
足の裏の外側にかける練習をしたりしますが
日常的には靴の中にインソールをいれて
体重が外側にかかるように補正しています

もう今はきれいに足の裏は床についています
でも、
足首を支える関節がゆるいので足の裏のアーチは
今も落ちでしまいます
そう!つまりよくある扁平足です
扁平足とよべるぐらいの状態によくなったってこと(^^)v

今までのインソールはコルク製でした
今度のは「形状記憶抗菌プラスティック製」
驚きのインソールです!←過去記事(費用や会社情報あり)
  ↓
070608_1616~01.jpg

コルクは単に落ちるアーチを支えるだけですが
形状記憶プラスチックはしなってまがり、もとにもどるので
足の裏の筋肉の働きを補完してくれるんです
これを中敷きの下に入れ込みます
070608_1617~01.jpg

070608_1617~02.jpg

歩くのが楽になります

扁平足や外反母趾って子どもは知らないから
足が痛かったり不調でも訴えないことがあるそうです
変なタコや赤みがないか
一度、お子さんの足を観てあげてくださいませ~



トラックバックURL
http://prismmemory.blog62.fc2.com/tb.php/415-6f2af143
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。