--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
12.17

BShi 12月20日(土) 午後8:00~9:00 ハイビジョン特集  ターシャからの伝言 ~花もいつか 散るように~

覚え書きです!


あこがれ、尊敬、心の師・・・そういう存在
ターシャのイメージは
日本人好みの部分のみ誇張して伝えられているようですが
私は、本や映像から読み取れる語られない部分も好きなんです
ターシャ・テューダーのクリスマスターシャ・テューダーのクリスマス
(2000/11)
ハリー デイヴィスジェイ ポール



以下、NHKのHPより抜粋 *******

ハイビジョン特集  ターシャからの伝言 ~花もいつか 散るように~

BShi 12月20日(土) 午後8:00~9:00
今年6月、アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダーが亡くなった。バーモント州の山奥で、19世紀風の暮らしを貫き、自ら手がけた庭の最も美しい季節に、自宅で最期を迎えた。4人の子どもを女手一つで育てあげ、57歳のときに理想の庭を作るという夢に着手、望んだ通りの暮らしを築いていったターシャ。92歳で亡くなる前、孫のウィンズローには、こう語っていたという。「私たちは同じ道を同じ方向に向かって歩いているのよ。私は死ぬことを決して畏れていないわ。花がいつか枯れていくように、それはすべての命がたどり着くことなのだから、悪いことのはずがない。だからあなたもしっかり生きて。自分が望むように。」
最晩年の日々、ターシャは子や孫たちにどんなメッセージを残したのか。そして生涯にわたって絵本や庭づくりを通し、彼女が発してきたメッセージとは何だったのか。亡くなって半年、家族や友人たちへの新たなインタビュー、この秋の庭の様子も含め、ターシャが私たちに残してくれたものをあらためて見つめる。

トラックバックURL
http://prismmemory.blog62.fc2.com/tb.php/737-ba6e57f2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。